リロケーションにかかる費用

リロケーションをする場合は、個人が完全に管理するのは難しいため、リロケーション会社に依頼する事になります。
この場合は費用が発生しますので、費用を把握しておけるよう、どのような費用がかかるのかを紹介します。

リロケーションは借主を見つける事から始めます。
この場合管理してもらう会社に管理委託を依頼しますが、募集には1万円前後の手数料が掛かります。
これについては無料にしている会社もあります。
借主が決まったら事務手数料として家賃の1ヶ月分、保証料として家賃の1ヶ月分がかかるのが一般的です。

借主が決まってもリロケーション会社は毎月管理を続けていきます。
この手数料として家賃の10%前後がかかりますが、実際には消費用を細かく紹介する事はほとんどありません。
ホームページなどで情報収集しようとしても、公開されていないため、会社と直接交渉する事になります。
リロケーション会社は月々の管理費用で主に収入を得ていますが、ここは家賃の10%が相場となっており、それほど大差はないと言われています。

いくつか比較して選ぶ場合は、実績や会社の信頼度が決め手となります。
手数料は必ずかかりますが、留守中の家を安心して託すためには必要な経費です。

転勤期間にもよりますが、数年に及ぶ場合は1年事に更新料が発生します。
これも無料にしている会社はありますが、かかっても家賃半月分が相場となっています。
設定する家賃により手数料も変わりますが、それほど大きな額ではありません。



*管理人推奨外部リンク*
海外転勤で留守中の家を託すリロケーション会社の見積もりができます … 海外転勤

Copyright © 2014 リロケーションの活用法 All Rights Reserved.